ユーザー登録
文字サイズ

仙台市政だより 2020年1月号

既存特定飲食提供施設に喫煙可能室を設置する場合は 届け出が必要です

13/46

宮城県仙台市 クリエイティブ・コモンズ

健康増進法の改正により、望まない受動喫煙を防止するため、令和2年4月1日から、多くの方が利用する施設において、屋内は原則禁煙となります。
一部の施設においては、経過措置として店内の全部または一部を喫煙可能とする「喫煙可能室」を設置することができます。経過措置の適用を受ける場合は、市へ届け出が必要です。

対象施設:既存特定飲食提供施設(次の1)~3)の全てを満たす飲食店施設)
1)令和2年4月1日時点で営業している
2)資本金または出資の総額が5,000万円以下
3)客席面積が100平方メートル以下
届け出者:既存特定飲食提供施設の管理権原者(施設における受動喫煙防止対策の方針を決定する立場で施設の設備改修の権原を有する者)
届け出方法:市役所本庁舎8階健康政策課で配布する届出書(市ホームページからもダウンロード可)を郵送または直接持参

問合せ:健康政策課
【電話】214・8198

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 仙台市 〒980-8671 仙台市青葉区国分町三丁目7番1号